サラリーマンでもできる不動産投資|今人気の副業について

頭金があればできる投資法

笑顔の男性

家賃収入で資産を増やせる

サラリーマンにもできる不動産投資として人気なのがワンルーム投資です。マンションの一室を購入して賃貸物件として貸し出すのです。この不動産投資のメリットは、自分でローンの支払いをしなくても資産を持つことができることです。どういうことかというと、家賃収入をローンの支払いに回すことで最終的にワンルームを自分の資産にすることができるわけです。その時点でワンルームを売却すればキャピタルゲインが得られます。ワンルーム投資をするために必要なのは、初めに支払う頭金だけでいいのです。このようにしてワンルームを少しずつ増やしていけば、順調に資産形成ができます。家賃でローンを支払い終えたら、その部屋に自分が住むこともできるのです。

入居率の良い部屋を選ぶ

投資にはリスクがつきものですが、株と違って不動産投資は安全です。市場が暴落すれば株券は紙切れ同然になりますが、不動産投資には土地や建物が残ります。この点はサラリーマンでもできるワンルーム投資も同じです。最悪でもワンルームという資産を維持できます。サラリーマンでもできるワンルーム投資を成功させるには、空室が出ないような物件を探すことが大事です。空室が出ると家賃収入がゼロになるので、自分でローンの支払をすることになります。それを防ぐには入居率の良いワンルームが必要です。それさえ確保できれば成功は間違いなしです。サラリーマンは本業があるので、手間暇がかからないワンルーム投資は最適です。特に管理会社に依頼するほどでもないので、その分の費用も必要ないのです。

負担やリスクが減らせる

男女

賃貸経営を行うためには家賃徴収や入居者同士のトラブル解決、建物のメンテナンスなど様々な業務をこなさなければいけません。賃貸管理会社と契約すればこういった業務を委託できます。賃貸管理サービスの中で特に人気が高いのが家賃保証で、賃貸経営を安定させるのに欠かせません。

電卓

家賃債務の担保

家賃債務保証システムを利用することで、安定した家賃収入を得ることができます。最近は家賃債務保証会社も増えていますので、利用しやすい状況になっています。選ぶのに迷ったら、比較サイトなどを利用すると手軽に情報を入手できるでしょう。

マンション

マンションなら購入も簡単

マンション投資は老後の年金の不足を補うものとして、多くの人に注目されている投資の分野です。家賃収入を得ることができれば、仕事を辞めた後でも一定の収入が入ってくるので暮らしやすくなるからです。売却すれば一時的な資金にもなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加